FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践トレーニング的…便秘解消法! 

IMG_8053-940x704_20170730133506d98.jpg


便秘を改善するには、ストレスをためこまない生活を送ることや、
消化に時間のかかる動物性タンパク質を控えることなどが
あげられますが、何よりも腹筋を鍛え、
腸の動きを活発にすることがポイントです!

 

 

 

 

加圧トレーニングによって分泌される成長ホルモンの働きで、
自律神経のバランスを整えるとともに、
腹筋運動を行い、お腹の筋肉を鍛えていきます!

更に女子筋トレ部では、
トレーニング時に積極的に呼吸法の指導を行っています!

 

 

 

 

意識的に呼吸を深めることで、
ダイレクトに臓器を動かし、
その働きを活性させることができます!

このように、女子筋トレ部では、
右から左から斜めから
便秘解消にむけてアプローチを行っています!

 

 

 

 

特に女性は男性に比べると、もともとお腹の筋肉が弱く、
さらに、年を重ねて筋力が低下するほどに、
腸の働きが鈍くなっていきます。

実践トレーニングを行い、便秘を解消したい方は是非、
女子筋トレ部へお越し下さい*\(^o^)/*

 

 

 

 

成果量産のために流してきた、心地いい汗がほとばしる、
神楽坂第1スタジオ、神楽坂3Bスタジオ、東京本社スタジオ、
各種スタジオにてお待ちしております^_−☆

 

 

 

 

比嘉公彦
スポンサーサイト

小さい負荷でも楽に筋力アップ♪ 

IMG_2771-940x1253_20170502095026eb4.jpg 

筋肉には、瞬発力を発揮するための速筋と、

持久力を発揮するための遅筋の2種類があります。

速筋は鍛えることで太くなりますが、
遅筋は鍛えても太くなりません。





したがって、筋力アップするためには
速筋を鍛える必要があります。

しかし、速筋は通常、
大きい負荷をかけなければ活動を始めません。





加圧トレーニングでは、なんと…
筋肉に負荷のかかり方を「錯覚」させることができるのです!





トレーニングをはじめると、すぐに遅筋が活動を始めます。
しかし、加圧しているために必要な酸素が足りなくなります。
これは、大きい負荷の運動を行っているのと同じ状態を、
人工的につくり出しているということです*\(^o^)/*





そのため、通常なかなか活動をはじめない速筋が、
大きい負荷をうけたと錯覚してすぐに活動をはじめます!

このように、小さい負荷の運動でも、同時に多くの筋繊維
活動するため、大幅な筋力アップが可能なのです^_−☆





トレーニング=苦しい
トレーング=成果が出るまでに時間がかかる

という固定観念を、是非外してください^_−☆





効率よく、成果までの道のりを最短で、
女子筋トレ部のトレーナーさん達と
二人三脚歩んでゆきましょう*\(^o^)/*





目標の達成や成果の量産に必要なことは、
ひたすらにトレーニングを積むがむしゃらさではなく、
あるいくつかの重要なポイントをしっかりと抑えて、
それを繰り返していくことです!





一度ポイントがつかめれば、
成果を出すのは、とてもとても簡単です!





そのポイントとなるツボをえぐり、えぐり倒してきた
女子筋トレ部の加圧トレーニングを、
是非ご活用ください*\(^o^)/*





成果量産のために流してきた、心地いい汗がほとばしる、
神楽坂第1スタジオ、神楽坂3Bスタジオ、東京本社スタジオ、
各種スタジオにてお待ちしております!





比嘉公彦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。