スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファスティングクラス2日目・午前の部の講義、その① 

みなさん、こんにちは!
ファスティングクラス2日目・午前の部がはじまりました!

2日目・午前の部は、チャクラの理論にはじまり、
音の瞑想が行われています!









↓松永による講義です!

音の瞑想について、
私達の中には音があるんですね。
細胞内に音を充満させるというので、
音の瞑想をしたいと思います。

私はヨガの呼吸を行ったときに、
自分の肋骨が開いて、
頭蓋骨に響くぐらい、音がしました。

それぐらい肋骨が閉じていたんですね。
肋骨がスコーンと開く感覚がって、
それで時間の感覚がすごく変わりました。

人がスローモーションで歩いているように見えたり、
人それぞれ、時間の感覚、深さが違うと聞いて、
「あ、こういことなのか!」と、実感としてわかりました。
すごく不思議だなと思いました。
映画のマトリックみたいだと思って、
感動していました。

みんなゆっくり動いている中で、
この人は何を考えていて、次に何をしようとしているのか、
わかりました。

この人にはこのタイミングで何をしたらいいとか、
わかりすぎるぐらいでした。
人ってそれぐらいの能力がみんなあるんだと思って、
ある意味、懐かしいなこの感覚って思いました。

子供の頃の感覚というか、
仕事でバタバタしたりする中で忘れた感覚など、
どんどん思い出していきました。

ヨガのアーサナより、瞑想や呼吸の世界に心を奪われました。
これを味わうために、生まれてきたんだなと思いました。

無の状態、意識が覚醒していく状態になるために、
身体を動かしていくんだなと、
ヨガを通して感じました(続く)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。