スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけを創造する加圧トレーニング 

IMG_3282-620x465_20170428202159c76.jpg 

『小学生のときから続いていた肩こり。

今まで運動してもとれなかったけど、

加圧の体験レッスン1回(20分)でなくなった!』
(30代、女性)





長年に渡る慢性的な滞り…



「これが自分の弱点だ」と、
その不快感にも慣れ親しんでしまっていないですか?





常にどこかしらに不都合を抱え、常に絶好調ではいられない。
そういう人がまわりにいない。





そもそも、その考え方こそが、
疾患をつくり出しているのかもしれないですね。





私達の身体に存在する60兆もの細胞。
その細胞の1つ1つが意志をもち、他の細胞と1ミリのズレもなく連動し、
毎瞬毎瞬、コミュニケーションをとっています。





そのコミュニケーションにズレが生じれば、
それが例え僅かなものであったとしても、
身体は思うように動かなくなってしまいます。





つまり、身体がよく動くということは、
毎瞬毎瞬、60兆の細胞同士のコミュニケーション、
その意志の疎通が、僅かなズレもなく上手くいっているという
シンクロニシティ上に成り立っているのですね!





その微細な仕組みの上に成り立つ私達の身体は、
ちょっとしたきっかけで不調になり、
また、ちょっとしたきっかけで復活し、再び躍動します!





それが滞っている部分の細胞であっても、
その細胞自体にも意志があります。その僅かな電気信号
テレパシーにも耳を傾けましょう(^0^)/





きっかけを創り出し、
病という滞りを生み出す隙間が存在しない、
高エネルギーのフローを構築しましょう!





自分自身がOK!のサインを出せば、きっかけを創り出すことも、
高エネルギーのフローを巻き起こすことも、
簡単です!





比嘉公彦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。